イエスの唱える¨愛¨と創造の神は相いれない?

 「イエス様は¨愛¨を唱えていますが、実際にはキリスト教は排他的に感じます」
という問いに対して、指導霊の一人のドイツ人が答えてくれました。


キリスト教圏の学者の言う神は、全知全能の絶対者としての神で、
それを創造主というが、それは、世界の設計者と言う意味で、
世界を機械のように完璧に設計して管理するもの。
それには愛は必要ない¨管理¨すればよい。

しかし、イエスは¨愛¨の教えを唱えた。
愛は、与える事、寄り添う気持ちであり、
互いに生き者であるから¨愛¨を与え合える。
もちろん、日本には道具に対する愛があり¨付喪神¨と言うけれど、
西洋人は機械は愛さない。
明らかに、イエスに¨愛¨を主張させる神と、現キリスト教の言う神は違う。
であるなら、西洋の哲学者が前提としている神の在り方が違ってくる。

神は世界を設計したのではなく、生み出しているのです。
神は世界を作動させているのではなく、育んでいるのです。
生み、育む神だからこそ、¨愛¨を唱えることができるのです。
イエスは「汝の敵を愛せよ」と言いますが、
それは生み育てる神だからこそ出来ます。
全知全能の創造の神は、敵を愛せよとは言えない。
全知全能の神には悪は無いのだから、敵を認めません。
つまり、敵は認められないので滅ぼさなければならなくなるのです。
キリスト教には「完全無欠の神が作った世界には悪は無いのだから、
悪が在れば滅ぼすべきである」という要求が在るのです。
だから排他的なものを感じるのでしょう。

ところで、その「生み育てる神」の対象は、¨子供¨です。
子供は少しずつ成長して大人になります。地上の生物はみなそうです。
ですから、客観的に世界を眺めた場合、
創造の神より、生み育てる神が自然です。
創造の神という概念は、古代の人間の想像の産物です。
宇宙は膨張して、成長しています。
神はその内面に在り、宇宙に¨愛¨を与えているのです。








スピリチュアルブログ
水戸スピリチュアル 茨城の母
ポンタ社長の夢占い
茨城県の占い師
水戸スピリチュアル
| スピリチュアル研究 | 22:02 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

油まき医者と預言者について

 ★預言者を全うするのは難しいね

イエス様のように、神と交流できる霊能者を預言者と言います。
(それに対して予言者は、未来を言い当てる人)
日本の各地の寺社で油をまいて、文化財に損害を与えた
日本人医師が問題になりましたが、
その人物も、信者から見ると預言者です。
油まき医師は、キリスト系の教団を作っていて、
イエス様の言葉を聞くそうです。この犯人には悪意は無くて、
日本の神は悪霊なので、油で清めなければならないと本気で信じているのです。
オーム真理教も、新しい世界を作る為に日本を殲滅しなければならない
と信じていました。
オームのような過激な宗教団体にならないように、
油まき医師の今後の言動に注視しましょう。

このような反社会的な霊能者でも、神の声を聞く者は、形式上は預言者という訳で、
信者にとっては絶対的で、尊い存在なのです。神仏に無関心な人は、
神を信じてカルトにはまる人間は馬鹿だと感じるでしょうけれど、
神に限らず、人間は弱い生き物なので、
自分より強いものに依存する傾向がありますよね。
職場では、強い先輩や権力をもっている上役に取り入ったり、
奥さんたちに多いですが、自分の夫の役職や収入を自慢したり。
それはカルトにはまる信者と同じ心境なのです。
自分が弱い存在なので、依存できる後ろ立てが欲しいのです。

| スピリチュアル研究 | 02:07 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

研究家や霊能者によって神の性別が違うのは何故?

『天照は、記紀神話では女神ですが、
 そうではなく男神だという人が居ます。
 観音様も、男神だという人もいれば、女性だ、
 はたまた中性だ、という人が居ます。
 神霊の見え方の違いは何故なのでしょう?』

『私は、タジカラオや戸隠の神は女神様を感じていますが、
 間違っていますか?』





神様の性別やお姿はもその人の立ち位置で違います。
同じ富士山でも、北側と南側の印象が違うように、
同じ神様でもその人間の役割や魂の環境によって、
見え方が違うようです。
天照も、男神という人もいるし、
キリスト教のマリアでもあるという人も居ます。
人間の魂は完成されていないので、
限られた魂で高次を受け取るので、
その一部しか見えません。
だから霊能者がそれぞれの立場でビジョンしますが、
私はみんなその時点では正しいと思います。

タジカラオは、心霊科学協会では男神でした。
戸隠の神様も男神です。
でも、その背後には母神があるので、
母神からの引きが強い人には女神に見えます。
イワナガ姫ですね。知り合いに、
イシコリトメの神の代の霊能者が居ましたが、
その人は男性だった所為か、
姫神なのに男神に見えました。
姫神の男性的な要素を強調していたのでしょう。
天照も、場合によっては武装して現れますが、
それを見ると男神に見えます。







スピリチュアルブログ
水戸スピリチュアル 茨城の母
スピリチュアル夢判断
茨城県の占い師
水戸スピリチュアル
| スピリチュアル研究 | 16:33 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

チンパンジーと遺伝子が99%同じ人類は戦争は本性である

| スピリチュアル研究 | 01:36 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

晴明神社のお守りを頂きました!

気学鑑定師の安藤先生から、

晴明神社のお守りを頂きました。

京都に旅行されたお土産です。

私は出かけられないので感謝感謝です!

晴明神社お守り


晴明さんの母親は、信太狐、葛の葉狐、と言われるお稲荷さんですよね。

晴明さんも、稲荷仲間です!

このお守りをご縁に、晴明さんの波動を引き寄せたいな!








スピリチュアリズム研究部
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
スピリチュアル夢判断
茨城県の占い師
ひたちなか市 占い師
| スピリチュアル研究 | 08:28 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

我欲即滅!

「お金儲けしたい、豪勢な暮らしをしたい」だけが物欲ではないです。

「同じものなら一円でも安いのが買いたい」というのも立派な物欲です。

「自分だけ得をしたい」という気持ちが物欲の始まりです。

買い物で、一円でも安い物を買うために、何軒もお店を回る人が居ますが、

ガソリン代をかけてしまうと意味無いですよね。

でも「安い」につられてしまいます。それが執着です。

何かにこだわるとそれが気になり合理的な判断が出来なくなります。

物欲、執着、こだわりは魂を重くします。

健全な魂を維持したいなら、これらは捨てましょう。


そもそも、なんでこの現世に生まれているのか、というと、

重い、からですよね、業とかカルマとか。

その大元が「得したい」という欲なのです。

今生きている間に出来るだけ「得したい」は放し、身軽になりましょう。

「自分だけ得したい」ではなくて

みんなで分け合う気持ちになりましょう。


我欲即滅 ガヨクソクメツ を唱えるように!










ハンディキャップ霊能者・高橋久美子
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
| スピリチュアル研究 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 

自霊即神!

予期しない災難が起こると

「神は何もしてくれない、神は居ない」と言い、天を責める人間が多いですが、

私は、自分の生活や人生は自分自身の責任と考えています。

肉体を健康に維持して、健全な暮らしをすることが

人間として生まれた義務と思うのです。

そこで「では神は何を守るのか?」というと、それは魂なのです。

人間は、自分の肉体生活の維持に責任があり、現世での自分を守りますが、

その人間の魂を守るのが神さまです。

違いますかね?

人間の現世での暮らしは、この物質世界の法則に支配されています。

自然災害でたくさんの人が亡くなるのは神の所為ではありません。

凶悪犯罪で、凄惨な事件が起こるのも神の所為ではありません。

神は人を殺しません。人が人を殺しています。

そられらの災厄や災難と、自我の内部にある魂とは無関係なのです。

人間の魂は神が在る場です。現世での悪い状態は魂には関係ありません。

もし関連付けるなら、魂は「穢れ」てしまうでしょう。

現世の粗い波動を自分の魂にさらしては行けません。

魂は神と通じる神域だからです。でも世の中のほとんどの人間は

魂の神性を無視して、本来の自分を見失っています。


ここで言っている魂は、高次とか、親神とか、真我、でしょうか。

自我は、私の認識では、肉体と魂の中継ぎで、理性ですね。


重要なポイントは、魂は、神の分霊であるということです。

人間の魂は直接的に神からわかれているものです。

つまり神の子!

自分の自我あり、その向こうにはすぐに神が見えています。

神は、自分の中に居ます。

教会や神社が独占する時代は終わるのです。

自分の魂は、即神である!

自霊即神 ジレイソクシン と唱えて神の波動を下しましましょう!





| スピリチュアル研究 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 

オーラを見るコツ!

 自分は、オーラや気を、見えたり感じたりなどはありません。

家族やや同僚の方、通りすがりの人など、周りの気を感じる、

それともその人の周りにオーラのようなものが見えるようにするには、

どのようにすればよいでしょうか?




光は、視覚イメージでは無く、熱、です。

太陽の光は明るいですが、熱も伝わります。

先ず、相手の温度を感じてみましょう。

冷たく感じるか、温かく感じるか、

寒気がするか、軽い感じがするかなど。

見る、のではなく、感じること。

こつが判ればオーラを見る事が出来ます。

霊視、と言いますが、見えているのではなく、

いろいろな情報を視覚イメージに置き換えているだけなのです。



↑に近いものです。










スピリチュアリズム研究部
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
スピリチュアル夢判断
茨城県の占い師
ひたちなか市 占い師
| スピリチュアル研究 | 06:40 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

武士の神命とは

 「箱根神社は源頼朝が崇敬してますが、霊界でも箱根の武士団です。

その頼朝の四代前の義家(八幡太郎)の義光の子、義清が甲斐武田氏の先祖ですが、

その居宅がひたちなか市武田にあり、武田氏の発祥の地です。

側の神社にお参りしてから、精霊のどらちゃんに、

護法童子が宿り「叩き切ったる!」と勇ましくなりました。

箱根の霊界と縁がありそうです」

と、つぶやいたら、こんなメッセージがありました。



武士と言えば、源氏と平家の争いが有名であるが、

そもそも武士とは、何のために刀を取るのか?

それは、尊い者を守るためである。

現世の武士の場合は、それは、主君であり天皇。

つまり、時の権力者に仕えるのが武士の本分。

しかしそれは、現世の欲得の世界であるので、虚しい物である。

では、武士が本当に守らなければならないものは何であるのか?

真に尊いものはなんであるのか?

それは、真心である。

相手の真心に敬意を払い、自分の真心をさらに光らせる。

真心を守るのが武士である。

自分の真心も、相手の真心も、踏みにじることが無いように。

言動には、最大の思いやりの心を持つこと。

真の武士は、相手の真心の成長を促し、助け合う。

光り輝く魂、真心を守るものが武士である。





| スピリチュアル研究 | 01:21 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

太陽と富士山の浄化

 クライアントの方から、箱根神社のお守りを頂いて、

手にって精神統一をしたら、メッセージがありました。



太陽瞑想法 御鏡浄化。

富士山の対流をスムーズにすると、

その現世との交域が光り出す。人体では胸の部分。

それが太陽に見えるので、太陽の瞑想法

現世の鏡は、ただ現世の姿を映すだけだが、胸中の御鏡は真心を映す。

自分と相手の真心、真実を映すが、真澄の鏡という。

互いの胸中が光れば、光が倍増し、太陽となる。

現世の鏡は物質を映すが、胸の鏡は魂を与え合う。

魂と魂が共鳴し、大きな一つの太陽に統一する。

10合目の天照神界の秘儀を伝える。

う〜ん、分かる人には分かる!











DVC00795.jpg























| スピリチュアル研究 | 01:07 | - | trackbacks(0) | - |