天上はいつも晴れ!

画像は、フリー素材ですが、

「雲の上はいつも晴れ!」というメッセージです。

現世は消えていく姿ですから、

悪い事と良い事の繰り返しですが、

天上では、いつも神の光が満ちています。

自我を取り巻く現世は苦難に満ちていても、

魂はいつも神の光に満ちていまるです。

自らの霊性を信じましょう。



雲の上はいつも晴れ





スピリチュアルカウンセラー 茨城の母



| 光の錬金術・魂のメッセージ | 01:51 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

世界平和の祈り!の勧め

十年後二十年後の貴方はどうなっているでしょうか?
日本は世界はどうでしょう?
不安を煽るわけでは無いですが、直下型地震やスーパー台風、
中国との関係や、増税問題など、リアルに将来への悩みは尽きません。
直ちに解決できる問題ではないですよね、それに個人は無力です。

しかし、何もしないで居ても、もっと不安が募るだけ。
政治家も頼りにならないし。。。
せめて被災者や弱者に寄附しましょうか?
それは、職場や自治会、学校で少しずつやっていますよね。
実際に現場に行きボランティアをする!
そう、そのボランティアですが、それが最も大切なことです。
被災者や弱者に直接会い、共感すること。
でも、ここはスピリチュアルのサイトですよね。
現世的なボランティアで終わらせては行けません。

ハッキリ言って、お金は無いのであまり寄附できないし、
生活のための仕事が忙しくてボランティアも出来ない。
そんな方が多いことと思います。自分の暮らしで精いっぱい。。。
でも心の中では何かしなければ! と感じています。
「このままでは、自分も日本も危ない!」
皆さんそう感じていますよね。

それではどうすれば、何も出来ない自分でも、
日本や世界を救えるのでしょうか?

それは、祈り、ですよ!

「なーんだ、そんなもの無意味」とおっしゃるでしょう、

違います。祈りは言葉を変えると「遠隔ヒーリング」とも言います。
遠隔ヒーリングは、現れ方に個人差はありますが、
練習すると誰にでも出来るものです。
そして、皆が祈ってヒーリングすれば確実に効果が見えてくるのです。
皆が世界平和を祈れば、本当に世界は平和になります。

私は世界を平和にすることが夢です!
世界中の命あるものが平和に調和して在ることが願いです。

私は、皆さんが世界平和の心を持てば、世界が光で満たされると思っています。
私は、皆さんの世界平和の心が、世界を変えると信じています。
私と一緒に世界平和の心を持ち、世界を変えましょう!


そうだ! よしやろう! 

と共感した方は↓を祈りましょう。


「世界と人類が平和でありますように!」

「世界中の生きとし生けるものが調和し光で満たされますように!」


この二つの祈りを唱える時に、自分の思いを乗せましょう。
この祈りを皆が唱えれば、間違いなく世界は平和になります。
貴方しか唱えなくて、世界は変わらないかも知れませんが、
祈りによって世界平和の心になった、貴方の世界は変わります。
貴方の心は、確実に光の世界に入ります!

  世界平和の心は、高次の想念です。真理の心です。
  10回唱えれば、誰でも、世界平和の使徒になります。
  世界の皆さんが、一日二回、世界平和の祈りを行えば、
  もっと世界は平穏になります!
  関心を持ったら、先ず貴方から、世界平和の祈りを始めましょう!












ハンディキャップ霊能者・高橋久美子
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 14:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
 
 

地球を越えて。。。

将来、人類が宇宙に住むようになると、地球は過去の遺跡になるでしょう。

例えば、女人禁制、

相撲は、土俵内には女性は入れない、

女性が登れない山もあるが、それはそれで良い。信教は自由。

でも、私は変だと思うので、関わらないですね、

女人禁制という迷信はスルー!

イスラム教やヒンドゥーの女性差別も、それも信教の自由と言われればそれまでだし、

しかし、戒律や因習によって人権を侵害するのは納得できないので関わりたくない。

ですから、他の人の信仰の自由は認めるので、私の思想の自由も保証してほしい。


宗教紛争や宗教テロリストを産む宗教は、その教えの中に危険思想が紛れています。

古代の経典をそのまま踏襲する原理主義は、排他的で人権を侵害するものです。

人間の社会は有史以来、権力者の覇権争いの繰り返しですよね。

今は中国が必死になって権益を拡大しようとしている。

中国がこうなる以前はアメリカとソ連がしのぎを削っていたけど。

近年になり皆さんもわかってきたと思うけれど、

地球の資源は限られていて、大国が覇権を争って独占しようとしても

それだけでは解決できない問題であることが分かってきた、水やエネルギー資源。

つまり、地球はいろいろな意味で限界、人間に対してね。


最近、自然関係のドキュメンタリーを見ていると、変な感覚がある。

大自然の場面は雄大できれい、行ってみたいな、と思うけど、

これってもう終わっているんだな、とも感じる。

子供のころの出来事を思い出すような感覚です。現在の事なのに。

地球の役目は終わっているので、なんとなく感じているのです。

地球が終わる、と言うのは滅亡ではなくて、人類に対する役目が終わるという意味。

そう、人類は地球を卒業する時が来たのです。


火星の移住計画が進められていて、現実のものになるそうです。

月や火星に住む人たちは、なぜ地球を離れるのでしょう?

それは、フロンティアにチャレンジするためですよね。

新天地に次の道を作り上げるため。

地球が必要なくなったから出ていきます。

例えば中東ですが、結局のところ2000年たっても平和になりません。

宗教の対立も混とんとしていて、先が見えない。

私のように既存の宗教にうんざりしている人間はたくさんいます。

今までの人類の歴史に見切りをつけてリセットしたい、

そう考える人たちが宇宙で新たな社会を作るでしょう。


地球人と宇宙の地球人は、早い段階で離れるでしょう。

イギリスから独立したアメリカのように。

家族に喘息とアトピーを持っているものがいますが、

空気清浄器に守られた、とても清潔な部屋に住んでいます。

その家人は自然が苦手です。大自然に行くと喘息になるからです。

宇宙で暮らす人間も完璧な環境のコロニーに住むことになるので、

この喘息の家人と同じ感覚で地球をみるでしょう。

地球は見た目は綺麗ですが、埃とアレルギー物質の塊だと。

そうなると、宇宙に住む人間にとっては地球は故郷ではなくなります。

故郷ではないと感じた時点で、地球の役目は終わります。

それは100年内には、そうなるのでは。


今、少し雨が降っていて、ポツポツ音がしていますが、

カエルの声もしていますが、

これは過去の出来事なんだな、って感じます。

宇宙に住む人には、雨の音もカエルの声も聞きません。

聞きたいとも思いません。何世代か経つと地球の事も忘れるでしょう。


地球を越えて、その先の宇宙にもスピリチュアルはあるのでしょうか?

月や火星にも精霊たちがいて、私たちを待っているのでしょうか?

確実に言えるのは、アラーやヤーウェは居ませんね、地球の神ですからね。



















光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 13:06 | - | - | - |
 
 

一神教原理主義に反対しよう!

 一神教原理主義には反対です。

自由な思惟活動を否定するものです、イスラム国!
そんなのに感化される日本人がいるなんて信じられない。
日本がイスラム教原理主義の国になったら生きてはいけないですよ。
対岸の火事では無いです。イスラム国はオームと同じよ。
共産思想やチェジュ思想も嫌だけど、
イスラム国は異教徒を皆殺しにすると宣言している。
中国や北朝鮮はそこまでは過激ではない。
イスラム国を許してはいけない。

なぜ一神教を信じるかと言うと、簡単だからです。
何も考え無くても、聖典や教祖の言いなりになっていればいいから、
悩む必要が無いからです。
楽をしたいから原理主義に走ります。
人間は悩みながら成長していくものです。
それは精神の自由があるからです。
一神教原理主義は、精神活動の自由を、神の名で否定するものです。
イスラム教そのものは否定しませんが、
私たちの精神の自由が脅かされていることは間違いありません。

イスラム国はテロリスト集団です。
首を切って人を殺すことを平然と行う犯罪者集団です。
そんな悪の集団に加担して、自らの魂を貶めては行けません。


スピリチュアルは、魂の自由の中に光ります。

真理の光は、精神と魂の自由のなかに在ります。

一神教原理主義の檻に魂を閉じ込めないように!







| 光の錬金術・魂のメッセージ | 21:21 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

くじら物語仝製房腓里呂犬泙蝓〜霍

 始めまして、くじらです!
自分は、今、龍神に属していますが、龍神を語るのは、自分の
身を通して在った事のみです。
他の事柄については、確実で無い事は申したくありません。
私は、茨城の大洗に住むくじらです。
茨城県沖の地主神であります。
正式には、言祝主命と言います。
東日本大震災は、日本の国土と日本人に深い傷を残しました。
そして、それが日本の将来やアセンションといわれるものに、
何か関連があるのではないのか?
という問いが多く寄せられていると聞き、
私が答える運びとなりました。
所詮はくじらの言うことなので、
あまり突っ込みは入れないでくださいね。

記憶をたどり、確かに言えるのは、
自分は、3000万年前にクジラであったということです。
人間の時代区分で、新生代第三紀で、
恐竜の繁栄と絶滅があった白亜紀に続く時代です。
霊界でクジラの霊体をそのまま維持してきたので、
戒体と言います。

くじらの分際でも、霊界で数千万年精進すれば、
そこそこの霊威を持ちます。
現在のクジラでは、ヒレになっていますが、
その頃の自分の体には、まだ手がありました。
クジラが生まれたのは、テチス海という太古の地中海ですが、
私が生きていた時代、日本はそのテチス海の東の縁にありました。
そう、この常陸の海岸です。

私は、地中海と日本の海を回遊して暮らしておりました。
地中海で結婚し子供を作り、常陸の海は食料が豊富で、
子育ての場でした。
現世では、邪馬台国の所在が騒がれていますが、
たかだか二千年前の話です。日本の始まりは、常陸です。
五億年前のカンブリア紀、私が生きていたずっと前から、
常陸は海の生き物達の場でした。

クジラは、家族の絆が強く、子供が成長するまでは家族単位で行動します。
今現在でも、太古とあまり変わらない暮らしをしているようですね。
ところで、家族という社会をもつ種族は、霊界でも魂の成長が早い。
それは、家族という関係を通じて、動物といえど、愛を学ぶからです。
各々の種の動物たちは、その身体的環境的条件に制限されながらも、
家族によって愛を育みます。子供を守り、育むという行為は、
本能だけではないのです。
クジラも数千万年前から、愛の魂を宿していたのです。
しかし、人間の魂と本質的に違うのは、無欲であるということです。
海の動物たちは人間の愛のように、利得は必要ではありません。
海の動物たちの愛は、無為で、神意にかなうものです。

ところで、当時クジラの社会は、人間の表現で言うなら一夫多妻です。
というのは、捕食者があり、子供や弱い者を守るため、
一族としてまとまって行動しなければならなかったからです。

私には、十数家族がありました。40頭ほどのファミリーです。
捕食者は、私たちが子供を育てる地中海に居ました。
クジラは生まれた直後は潜水が出来ず、寒さに弱いのです。
ですからどうしても温暖な地中海で子を産むことになります。
捕食者はそれを知っていて、子供と母親を狙いました。
地中海は私たちクジラにとって、生と死の場所でした。
新たな命の喜びと、捕食者の獲物となる恐怖が
私の心を奮い立たせました。
いつも家族を守る事だけを考えて行動していました。
他界してから分かったのですが、日常的に
他の者を生かすために行動したり、考えをめぐらせることは、
魂の成長にはもっとも効果があることようです。

大変に厳しい状況に向かう時もありましたが、
魂にとっては必要なことであったのです。
(でも霊界でしばらくして、向上してからわかったのです。
 其れまでは生きていた意味がわからず、悲しい人生だったと
 思い込んでいました。霊的な真実というのは
 生きている間はよくわからないものですね)

しかし、捕食者以上に厳しい困難がありました。
海底の火山活動や地殻変動です。
地表でも、人間は地震で苦労していますが、海も同様です。
海底で大きな地殻変動があると、海中に非常な衝撃波が伝わり
クジラはパニックに襲われ、そこが浅瀬だった場合は座礁し、死に至ります。
雷が鳴ると、飛び出してしまい迷子になる犬がありますが、
その状況に近いです。
運が悪いときは、一族全員が海岸に上がってしまうこともあるのです。
それは捕食者よりも恐ろしいものでした。

クジラは、通常は、穏やかで、あまり目立った音の無い世界に住んでいます。
それが行き成り、ものすごい轟音に四方から囲まれるので、
冷静な行動が出来なくなるのです。


そして、私は、大洗付近の海で亡くなりました。

他界する前の数年間は、苦しい日々が続きました。
地表の気象が変化したために、地中海の捕食者たちの食べ物が激減し、
我々クジラをより一層狩るようになりました。
捕食者たちは、浅瀬の海に暮らし、魚やもっと小さいクジラを
食べていました。
地表の様子が変わり、川から流入する鉱物や有機物がなくなり
捕食者たちが食べていた魚の餌が減ったのです。
当然その魚の数も減ります。生態系が乱れていたのです。
その年の繁殖は、全くの失敗で、新たな命だけでなく、
仲間の半数を亡くしてしまいました。
残った子供数頭を、少なくなった大人たちで守りながら、
細心の注意を払って、大洗の海に帰りました。

テチス海の西域では、悲劇に見舞われ、皆傷心しておりましたが、
この東の海は、いつも通りの穏やかな様子で、私たちは海底の
奥底に降り、互いを癒したり、海面に上がっては、
他の生き物たちと戯れてのどかな日々が過ぎていきました。

歳をとっていたのもありますが、少なくとも、日本の神の場合は、
地殻変動と連動している。
くじらが他界してからも、何度も大連動型地震は起こっていてというか、
太霊の拍動のようなものです。起こるのではなくて霊流のうねりと言えます。

人間は寿命が短いためか、視野が狭いので、大地震の一つ一つが
ばらばらに起きているように受け止めているけど、そうではなくて、
繋がっているものなのです。

繋がっているのは、過去の出来事だけではなくて、霊界との繋がりがあります。
それを高次元と言っています。過去の出来事と、それと表裏を成す霊的出来事です。
そして霊主体従なのであります。

そこで人間の皆さんは、霊界に思考を移しましょう。
なぜなら、大地が神の体であるからです。
同様に人間も、霊魂があり、それを守る肉体を持ちます。
そして人間は、その神の体の中に住んでいます。
自然という神の体内に生きています。
人間は、神と自然の営みの中で生かされているという真実を
自覚しなければならない、
という意味は、自然は神の肉体である、と言っているのです。
霊なるものを信じるなら、この事実を良く認識してください。

地球は一個の生命体である、とも言われますが、
その大きな命の中に人間の世界が依存しています。
神の体内に居て、神に依存している以上、
その営みに翻弄されるのは当然といえるでしょう。

大震災で多数の人間が亡くなり、その個々の人間は大きな悲劇
を背負って他界しているが、
何度も言うが、神に依存して生きている以上は、
それは起こるべくして起こることであり、
そこに生きる人間にはその覚悟が必要なのです。

大きな災害が起こるたびに、外国人は
「日本人は忍耐強く、美徳をもった民族である」
というが、これは日本人の類魂に内在する、
自然への¨覚悟¨が現れたものである。日本は古代より神が坐す国です。
自然という神の体内に暮らし、神の営みに身を置いているから
その魂の中に、世界に稀なる美徳を持つのであります。

その稀なる美徳に深く沈潜するならば、
もはや災害を恐怖する必要はなくなるはず。
自らの魂の中に、神の光を見出すからです。

では、日本民族は、何故神の体内に生き、
その証である¨稀なる美徳¨を持つのでしょうか?
(それこそがアセンションと言われるものでしょう)

神様には、天津神と国津神という種類があるそうです。
人間の皆さんはそう分類していますね。
それで、天皇に連なる神たちを天津神。
天津神に征服された先住の神を国津神としている。
それは的が外れている分類ですね。
なぜなら現世の天皇は少しも神に綱かって居ない。
儀式をしているだけですね。

あ、天皇批判は止めるように高橋に言われました。ハイハイ。
くじらが言いたいことは、肉体の血統には神性は乗らないということです。
神様は現世の家系とは無関係。
神と霊の関係は、霊的な繋がり、高次元の問題。
話がそれたかな?

それで、神の分類は、神様には種類は無い。
ただ、役割というか、状態の違いというか、それはあるのです。
神様には二つの状態がある。一つは、光臨で、降りる神様。
そして、その降りる神を受け止める神様。
神道的に言えば、依り憑く神と、依り代です。
その依り代の役目を果たすのが、地主神というわけで、
くじらも依り代なのです。大まかに言えば、国津神なのでしょう









| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:11 | - | - | - |
 
 

安物買いも物欲ですよ

 「お金儲けしたい、豪勢な暮らしをしたい」だけが物欲ではないです。

「同じものなら一円でも安いのが買いたい」というのも立派な物欲です。

「自分だけ得をしたい」という気持ちが物欲の始まりです。

買い物で、一円でも安い物を買うために、何軒もお店を回る人が居ますが、

ガソリン代をかけてしまうと意味無いですよね。

でも「安い」につられてしまいます。それが執着です。

何かにこだわるとそれが気になり合理的な判断が出来なくなります。

物欲、執着、こだわりは魂を重くします。

健全な魂を維持したいなら、これらは捨てましょう。












心霊写真・霊能者が撮った本物
真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
ひたちなか市 占い師
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 22:17 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

「地球は一家 人類は兄弟」の真意

 地球は、魂の里です。万霊は家族です。

では、万霊が家族とは、どんなことなのでしょうか?

「地球は一家 人類は兄弟」という標語がありますが、理屈は分かりますが、

無差別殺人犯や、意地悪なお姑さんを¨兄弟¨と受け入れるには抵抗がありますよね。

同じ人間ということは分かっていても、自分に悪意を向けてくる人や、

社会で悪事を重ねる人間を、感情的に許すことはできません。

でも、ペットの動物たちには、とても共感して、家族のように思えます。

人間じゃないのに、ペットの犬や猫、インコには、本当の家族のように感じます。

動物嫌いの人から見ると「人間を優先にするべきなのに、非常識だ」と思うようです。

ペットを大切にする人は、何故、人間じゃない動物を家族のように感じるのでしょうか?

同じ人間なのに、許せない人間があるのは何故なのでしょうか?

「地球は一家 人類は兄弟」は、頭では分かっていますが。

それは、真心でしょうね、ペットの犬や猫には真心を感じます。

でも、人間にはかんじませんよね。

うちにも犬がいますが、犬は私を全面的に信頼しているようで、

私の姿を見ると喜んでくれます。単純に一緒に居ると嬉しいようです。

犬の真心でしょうね。犬は飼い主の人間を疑いません。素直に受け入れてくれてくれます。

それに対して人間は、同じ人間だというのに、真心が見えません。

何を考えているかわからないので、互いに適当に合わせて付きあいます。

心が通じているはずの夫婦でさえ、仮面の付き合いになりますよね。

人間には利害関係と言うものがあり、また、依存心や自己愛など、

真心を曇らせる要因が多いものです。それに対して動物は素直に心を現わします。

つまり、家族とは何か? というなら、その真心なのです。

互いに真心を与え合う者たちが仲間であり、家族でしょう。

私の言っていることは理想ですかね、

でもこれはスピリチュアルの話なので、魂の問題です。

魂は、真心の世界なのです。自分の魂の中の真心を、素直に出せる環境を作りましょう。

それは、魂の仲間と交流することです。魂の仲間を得るのは、

現世に塗れて暮らしていると、凡夫の状態では難しいです。

もしかすると、妻や夫、子供やお姑さんが魂の仲間かも知れないのに、

自己愛が真心を曇らせるので、気が付かないままになることが多いです。

私も義父に「最低の嫁、馬鹿女」と言われています。

義父は私の真心が分からないのです。彼はプライドが高く、自己愛の強い人で、

自分が一番正しくて偉いと思っています。他界すればわかると思いますが。

自分の周りの真心に気付くことは、自分の魂を成長させることでもあります。

「地球は一家 人類は兄弟」という標語の真意は、真心の覚醒にあります。

自らの真心を与える勇気と、相手の真心を信じるやさしさが必要なのです。

ペットの犬や猫たちのように、人間の真心を素直に信じられるようになりたいものです。

万霊は、神の真心の発現であります。

現世のしがらみを取り払い、素直な心で、万霊の真心を信じましょう。









心霊写真・霊能者が撮った本物
真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
ひたちなか市 占い師
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 11:19 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

生かされていることに感謝。。。

生かされていることに感謝



  生かされていることに 感謝、感謝!

  独りじゃないよ、生かされているんだよ

  独りで生きているんじゃなくて、生かされているの

  胸に手を置いて、心の声を聴いてみよう

  心臓の鼓動だけじゃなく、何か聞こえるでしょ

  心の中には全部あるんだよ、みんな此処だよ

  心の耳を澄ませばわかるはず

  みんな一緒に生かされているでしょ。

                by 見習い稲荷 高橋くん












心霊写真・霊能者が撮った本物
真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
ひたちなか市 占い師
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 15:36 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

生きがいについて

生きがいって何でしょう?

私の個人的な経験では、生きがいとは、

他の人との関わりで実感できるものと考えます。

私も、今までの人生の大半は生きがいが分からず、

孤独で無意味と感じる毎日を送っていました。

特に、始めの結婚は、自殺願望があり、毎日死にたいと思い続けていました。

無味乾燥な毎日で、全くの孤独でした。

休める場所がありませんでした。家族は他人よりも遠い存在でした。

今、その時の自分を思い返し、

「何故孤独で、家族も他人以上に他人に感じたのか」と反省すると、

それは、「動かなかったから」「自立していなかったから」

という結論に至りました。

自分の力で、自分の人生を切り開いていけば、無味乾燥とも感じないし、

家族に対しても感謝の気持ちが生まれます。

離婚して、しばらく経済的にきびしく、

体調もどん底の状態が続きましたが、

不思議と死にたいとは思いませんでした。

離婚前より状態が悪く、子供と心中しても仕方の無い生活だったのに、

精神的には安定していました。

それは、自分の力で、自分の為に生きている、

という実感があったからです。

生きているという実感があれば、厳しい現実を乗り越えていけるのです。

それは、自分で一歩を踏み出して、

自分の道を自分で切り開くということです。

でも、生きがいが分からないという人の中に、そんなことは理想論とか、

やっぱりどにもなら無いといって無気力な人が居ます。

本当に生きがいが欲しいなら、先ず、自分の心を反省して、

無気力なところが無いか見つめましょう。

自分の人生は自分だけの宝です。無気力と怠け心で過ごしてはいけません。

生きがいは努力して歩み続けるものの中にあります。









ピア・スピリチュアル/茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 09:41 | comments(7) | - | - |
 
 

生きがい自分流

 生きがいって何でしょう?

私の個人的な経験では、生きがいとは、

他の人との関わりで実感できるものと考えます。

私も、今までの人生の大半は生きがいが分からず、

孤独で無意味と感じる毎日を送っていました。

特に、始めの結婚は、自殺願望があり、毎日死にたいと思い続けていました

無味乾燥な毎日で、全くの孤独でした。

休める場所がありませんでした。家族は他人よりも遠い存在でした。

今、その時の自分を思い返し、

何故孤独で、家族も他人以上に他人に感じたのか」と反省すると、

それは、「動かなかったから」「自立していなかったから」

という結論に至りました。

自分の力で、自分の人生を切り開いていけば、無味乾燥とも感じないし、

家族に対しても感謝の気持ちが生まれます。

離婚して、しばらく経済的にきびしく、

体調もどん底の状態が続きましたが、

不思議と死にたいとは思いませんでした。

離婚前より状態が悪く、子供と心中しても仕方の無い生活だったのに、

精神的には安定していました。

それは、自分の力で、自分の為に生きている、

という実感があったからです。

生きているという実感があれば、厳しい現実を乗り越えていけるのです。

それは、自分で一歩を踏み出して、

自分の道を自分で切り開くということです。

でも、生きがいが分からないという人の中に、そんなことは理想論とか、

やっぱりどにもなら無いといって無気力な人が居ます。

本当に生きがいが欲しいなら、先ず、自分の心を反省して、

無気力なところが無いか見つめましょう。

自分の人生は自分だけの宝です。無気力と怠け心で過ごしてはいけません。

生きがいは努力して歩み続けるものの中にあります。















光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |