グラールが発達している人間は新人類かも知れない

 高次の光が人間に降りれば魂が活性してゆくのですね。
魂が活性化していくことと、高橋さんの仰る「高次の分霊が目覚めていく」
ことは同義だと思いますが、それは霊感がさらに目覚めて、
よりいろんなものが見えたり聞こえることとはちょっと違う気がします。



霊感は、グラールが濃いと強い、でも魂がしっかりしていないと
不安定になり、精神病になりやすくなる。

グラールが濃いと余計なものを受けやすいけれど、
上からの気付きも自覚しやすい。

上からの光が、グラールによって増幅されるんです。

つまり、分け御霊の光をグラールが補強するというか。。。

私のおやの世代までの人たちは、真面目で善人だけれど、
グラールが無いんです。
だから共感性が無くて、神社の役員は出来るけど、
神は信じない。神と共感できないから。

ぬいぐるみがわかる人は、グラールが少し活性化されていて、
練習すると霊感が強くなる可能性がある。
ぬいぐるみに鎮まっている精霊がわかるのは、
グラールがあるから。

グラールが少しでもあると、霊感が強くなる。
それと同時に、神によって魂を光らせると、もっと成長出来るし、
いろいろな物事に対して、気付きの範囲がひろがるので
人生が楽しくなるはず。








| 光の錬金術・魂のメッセージ | 01:46 | - | - | - |