霊界の構造

 JUGEMテーマ:心霊科学と類魂研究


霊界は、この世界とは別に存在するものではありません。

今、ここにあります。

いつも私たちが見て、触れるこの世界と重なり合っています。

すぐ其処に霊もいます。

ですから、構造といっても、形があるわけではありません。

霊界は、現象のこの世界からみると過去の世界に近いといえま

す。というのは過去に生きた霊たちが居る世界だからです

(未来にこの世に現れる霊たちもいます)

現象の世界は、常に現在しかありません。霊の世界は出来事としてあります。


過去と未来は物理的には存在しませんよね。

霊の世界は出来事の世界です。

そして、私たちの内面でもあります。

霊の世界=私たちの内面であるなら、

私たちの内面(自我)の構造を知ることが出来ると、

霊の世界の構造も推測することが出来るかも知れません。

私たちの内面が処理する出来事の構造は、

入れ子構造となっています。

心の中では過去は現在に内包され、

現在の自我は未来の自我に内包されています。

霊信によると、霊界の構造もその様になっているらしいです。

そして、守護霊に私たちが内包されています。

それが、次元なの違いです。

守護霊が私たちの人生の全てを包み込んでいるわけです。

だから、私たちにとって守護霊は高次の存在です。

同様に、大神はこの世界を包み込んでいます。

世界にとって、大神は高次の愛、無限の光と言えます。









光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 16:50 | - | - | - |