滅亡とか末法とかは宗教の営業でしょ

 「こころの時間」というNHKの番組を見ていましたが、

ゲストの先生が、「この世は末法である」とおっしゃる。

3.11のような大災害が世界で続き、無差別テロも後を絶たず、

これは末法の世だというけど、確かにそうだけど、

だから何? って感じかな。。。。

だいたい、人類の歴史そのものが末法の歴史ですよね。

末法状態で生きていかなければならないのが人間。

末法、末法、って不安をあおるのはやめてほしい。

必要なことは、人の不安を煽るのではなく、

テロや災害に強い社会になるにはどうしたらよいか? ですよね。

それは宗教ではなくて、政治!

末法の世に強い社会を作るのは政治です。

日本も世界も、社会の転換期に来ているのははっきりしている。

アベノミクスがどうなるか見守っていこう。


滅亡とか末法とか終末とか言われても神様には関係なし。

戦争やテロ、無差別殺人は社会の問題であって

社会を変えるのは政治、その政治を変えるのは私たちの民族意識と愛国心です。









光の錬金術師・スピリチュアルブログ 





| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:51 | - | - | - |