自分の信仰を家族やご先祖に押し付けてはダメ!

 私はある宗教団体に入っていて、その団体の先祖供養を受けていますが、

良く考えると違うような気がしてきました。

私は信仰していますが、ご先祖はそうではないのでしょうから、

ご先祖さまから見ると、私が勝手に信じているだけなので、

その所はどうなのでしょうか?



信仰している神様のお力で先祖供養をしたいというお気持ちは分かりますが、

お気づきの通り、ご先祖様にはご先祖様の信仰があるので、

自分の信仰を強要することはできないですよね。

ご先祖さまから見ると「分からん神を拝んでいる」と思うでしょう。

日本は伝統的に仏教の信徒ですが、先祖代々それでやってきたので、

地域の霊界にはお寺を中心にしたコミュニティーが出来ています。

ですから、ほとんどの日本人は亡くなると、地域のお寺や神社の霊界のお世話になります。

家族全員がある新興宗教団体の信者だったとしても、

しばらくすると地域の霊界のコミュ(先祖の居るところ)に戻ります。

ですから、新興宗教を信じるなら自分だけにしておいた方が良いですね。


前の旦那の母親は、北海道の新興宗教団体の役員で、私が嫁入りした時に

私に無断で会員の手続きをしていましたが、毎月決った日に、

その教団の神霊が私の所に来て祈祷するのです。

私は信じていなかったので無視していましたが、

その日は一日中気配があり、本当に迷惑していました。

でも義母は悪気はなくて「自分の神様はご利益があるから」

と単純に信じていたのでしょう。

でも、信じていない家族にとっては大変に迷惑なんことです。


自分が心底信じていて、その神しか真実でない、と思っていても

他の人にとっては「イワシの頭」なのです。

日本は信教思想の自由は保障されているわけですし。

自分の信仰を相手に押し付けるのはダメですよ。










光の錬金術師・スピリチュアルブログ 





| スピリチュアル相談 | 12:41 | - | - | - |