家族の絆って?

テレビで、3.11の被災者の方々のドキュメンタリーをやっていますが、

それを見てつくづく思うのは、人と人との関わりですね。

家族との絆、仲間との絆。

人との関わりの中にあれば、なんとなく前に進めます。


ところで、亡くなって霊界に逝っても家族の絆はそのままです。

むしろ強くなり、先に逝った人は残った家族を一層強く守ります。

霊になって見えないけれども、家族はそのままの家族です。


私が言いたいのは、そのような家族の絆は、

生前からの積み重ねであるということです。

現世にあるときから努力して、良い家庭を作り上げることです。

霊になっても人間ですから、生前に疎遠なら、他界後も疎遠ですからね。

あの世に逝ってからも家族ありで続けるなら、家族一人一人が、

互いに大切に思い、尊重しあう関係であることです。


こんなことがありました。

お祖母さんが亡くなったんですが、その家族が、一周忌を過ぎたから

成仏しているかどうか鑑定して欲しいというので

「お祖母さんは、元気になって成仏している状態なので心配はありません」

とお伝えしました。それから数日後、そのお祖母さんの霊が、

困った顔をして出てきて「高橋さんが成仏している、

元気だって言ったから、忙しいことになったのよ」とおっしゃいます。

事情を伺いますと、生前は、この家族はお祖母さんを冷たく扱い、

お金が欲しいときだけ仲良くしていたそうです。

それで今度は、成仏して元気になったのだから願いを聞いてくれ、

と要求するようになったそうです。

ご先祖だから子孫を守って当然、子孫の願い事を叶えなさい、

と迫ってきたというのです。

生前は冷たくしていたのに、困った時は頼ってくる。生前から親切にして、

絆があれば、どんなことでも力になってあげたのですが、

お願いがある時だけ「おばあちゃん、おばあちゃん」

と祈るのは腹が立つ、というのです。


家族の絆は、日ごろからの人間関係の積み重ね。

何時も思いやりの心を持って、寄り添う気持ちが大切です。

絆は血や因縁のつながりではなく、心のつながりです。

本当に大切な家族や仲間は、思いやりを持って接しましょう。

妻だから、親だから、といって他人よりひどい言葉を吐く人がいますが、

その家族は貴方よりも弱い人間です。

その汚い言葉で魂が傷つけられるのです。

そしていずれは何かの形で、悪い言葉を吐いた本人に帰ってきます。

私の離婚した旦那がそうですが、毎日私に「お前は役立たず、

何もできないできそこない死ねばいい」と言っていました。

それは普段の何気ない会話でも出てくるので、それが彼の本心と思い、

数年かけて離婚の準備をして別れましたが、

それから三年後に彼は亡くなりました。

私と離婚して、運命が急降下したんですね。

それは言葉の暴力で、私を傷つけたお返しでしょう。


家族であるからこそ、互いに相手を大切に思い、

労わる気持ちが必要です。

家族は仲間なのですから、家族を責めるのは間違いです。


絆は作り上げるものです。

家族の絆は大切に!










光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| - | 00:00 | - | - | - |