精霊は人間の生と死の境界に居る精妙な存在です。

仏神の弁天さんは、若姫みたいな川や湖の女神ですが、

精霊の一種です。

まだ一人前の神様ではないので、人間界で修行しています。

水は霊を集めます。

現象的にも媒体で、古代には生命が生まれた場ですね。


天狗や稲荷などはの精霊たちは、森と人里の境界に居ます。

昔は間引きや姥捨てがありましたが、

精霊たちとの境界でもあります。

精霊たちは人間の魂の底辺に隠れています。

一般の人には存在を隠しています。

スピを知らない人は我が強いので波動が荒いです。

昔は生と死ギリギリの暮らしをして生きることのありがたさを実感し、

自然に逆らわずに生きている人間は精霊を感じることが出来ました。

昔は厳しい自然環境の中で生きていたので、

自然に対して素直な感覚を持てたんですね。













光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| スピリチュアル研究 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK