物質化で霊が現れる意味

 心霊現象で一般的なものは、いわゆる幽霊である。

これは科学の対象ではないが、心霊思想の始まりといえる。

心霊科学への関心が高まり、霊魂の存在を認めようとする人が

増えていくと思うが、これはとても困難な作業である。

心霊現象で現れる霊は、その霊の立場になると、容易いことではなく、

大変難しく執念のいる仕事なのである。

つまり、霊が降霊会で姿を現すことは、きわめて真剣なことなのです。

科学の研究のためといっても、実験をお願いするのはむずかしいのです。

とても精妙な実験なので、場合によっては、霊媒の命にかかわることもある。

そのような事から純粋な学問の対象にはなりにくいのです。

さらに、降霊実験は、職業霊媒の場合は、演出されていることが多く

大半がトリックのようである。

懐疑派から否定されても仕方のない状況なのだ。

心霊現象は、人間の内面をその場、としているから、

科学の対象にはできないのかも知れない。

先ず、霊魂が何なのかもわかっていないのであるから、

その霊魂を検出することはできないであろう。










光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
| スピリチュアル研究 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK