低級霊の振る舞いと物霊 

自己防衛が強いと、恐怖すると身体が動かなくなる。

ペットのウサギがそうです。怖いと固まって動け無くなり、ピクリともしません。

竦んじゃうのです。低級霊は、本当は神様が怖いのでしょうが、

人に接っしていると少し賢くなるのかしら。

中々扱いが難しくなるので、面倒になると「何だこの野郎」になっちゃいます。

いつも心に引っ掛かっているのは、“憑依”はどんな事かです。

私達は何気なく使っていますが、良く分からないです。

梅原伸太郎先生が民族学的に述べていらっしゃいますが、

そうじゃなくて、もっと憑依の実態的なところが知りたい。

その点、類魂論は詳しいですね。

よく、家の改築や庭を掘り起こして“障り”というのが在りますが、

物霊に関係しているのでしょうか?

今住んで居る所は山を削って宅地にしたところなのですが、

引っ越した時は変な霊が次々と出てきて、妖怪の様な姿なので、

夜眠れない事もありましたが、今は慣れました。

姿は見せますが、みんな背後に任せています。

物を壊すとその物霊が憑依するのでしょうか?

だから自殺すると自分の体霊が憑依するらしいです。

生まれつきの障害者が明るい心を持つのは、

始めから物霊を持たないで生まれているからでしょうね。

中途の障害者は物霊を放せないので暫く苦労するのかもしれない。


物霊は固まろうとするから、

つまりある一つの苦しみの中にずっと身を置き続けることになる。

だから人間界よりも苦しみが大きい。

私は一度、ある人を徹底的に恨んだ事があるのですが、

その時はその人だけでなく、その人の子供や持ち物、

車まで呪ってしまってその人とすれ違った、通行人までも恨んでしまいました。

世間の物全部が敵に見えたのです。

坊主憎ければ袈裟までもと言いますが、その通りです。

恨みの念しかなくなって、一日中恨むことだけを考えるのです。

ですから低級である程、苦しみが大きいのは分かります。

気が付いたのですが、記紀神話で地獄に落ちた神様と言えばイザナミですよね、

そして、そのイザナミに群がったウジはヤクサノイカヅチノカミでしたよね。

ここで思い出したの言うことは物霊に関係があるのでしょう。

いづれにしても雷、剣、磐の神は物霊なのでしょう。








ピア・スピリチュアル/茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| スピリチュアル研究 | 14:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ブログの記事にしました。

http://qb777.jugem.jp/?eid=1462930

見てね、

| 高橋 | 2013/11/03 1:16 AM |
こんにちは、いつも拝見しています。

今まで誰かを恨むと言うより、その相手に対して「くやしい」と言う気持ちが強く、呪いたいくらいの経験をしました。

その2度目が現在で、あまりにもくやしくて涙がこぼれるほどです。
確かに「坊主がにくければけさまで・・・」で、関連ある相手まで同じ気持ちになります。

ただ、「人を呪う場穴二つ」のように、その結果どうなるのでしょう。

私は「呪い殺したい」気持ちはありません。
相手に対して「死ねば良い」と言うのもミジンもありません。
ただ、その相手がこの世の中で誰よりも不幸の人生を歩めば良いと思ってます。

この場合、私の人生もそうなるのでしょうか?
| ミユナ | 2013/10/29 2:17 PM |
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK