物霊と命

私は最初、霊が生命で人間は物質であると考え、

死ぬと霊という生命体が体から離れることによって

人間は物質になって死んでしまうと考えていましたが、

三十年程前私に言って来る霊がいて、

精神を司る霊と肉体を司る霊か在ると言ってきました。

それで物霊という理論が派生しました。

肉体は物霊という生命で生かされていることに気付きました。


やがて物霊も心が持てる様に成り向上して行くのだ

という事が分かりました。


これは丁度イスラエルの国旗の中にあるダビデの星の様に

ふたつのものが組み合わされて一つのものが出来上がる、

下から上るものが物霊、上から下るものが神の心となって

万物が創られると思うようになりました。

















光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| スピリチュアル研究 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK