霊が見えることだけが霊感じゃない

霊感は、覚醒の副産物です。

つまり、神様や幽霊が見えることだけが霊感ではないのです。

覚醒は、今迄見えなかったものが見えるようになること、

今まで未知だったものが、認識できる心を持つこと、の積み重ね、

気付きとも言いますかね。

日常生活の中での、ちょっとした「気付き」も霊感の部類なのです。

その気付きの方が、人が生きていく上で重要な意味を持っています。

例えば、ある日、何気ない対話の中に、親の愛に気が付いくとか、

今迄は出来ない事、と思っていたけれどやってみたら出来たので、

「自分は遣ればできるんだ、もっと自信を持とう」と気が付くなど。。。

ゼロか無だったところに、「イヤ、出来るかも知れない」

という気付きも霊感のうちなんですよ。

見えないものが見えてくるのが霊感ですからね、

わからないことがわかるようになることも、広義の霊感なのです。

スピリチュアルでは、この「気付き」が大きなテーマとなります。

ちなみに、霊は肉眼では見えません。心の中で見ています。

肉眼でリアルに見えるのは錯覚です。














スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師

| スピリチュアル研究 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK