無神論のホーキング博士に無謀な反論いたします!

私は、私自身を「作る」という表現はしない。

子供を産むときも、男性は「作る」と言うが、私は「産む」と言いますね。

そこで、「世界は神が作った」という表現はどうでしょうか?


「作る」という言葉は、「物を作る」という意味を含意していますよね。

前述したように「自分の体を作る」という言い方はしないでしょ。

それは、自分の肉体は、物質で出来てはいますが、「物」ではないからですよ。

「物」でないなら「作る」とは言わない。

だから私は「赤ちゃんを作る」という表現は嫌いです。

「物のように赤ちゃんを作る」という意味を含意するからです。

赤ちゃんは作るものでは無くて、「産み」、「生きる」者です。

屁理屈をこねているようですが、スピは言霊ですから、

言葉に含まれる真の意味が重要なのですよ!


それで、この宇宙ですが、

NHKの「コズミックフロント ホーキング博士の宇宙のレシピ」という番組で、

そのホーキング博士は「宇宙には神は存在しない。神は宇宙を作らない」

と言っていたけれど、博士は「宇宙を創る」と表現していますよね。

つまり「物である宇宙を創る神」という意味です。

「物である宇宙を創る神は居ない」と言っています。それは私も同意します。

なぜなら、宇宙自体が神だからです。世界=私=宇宙 です。

だとすると、前述のように考えて、宇宙は、宇宙自身を「作る」という表現はしない。

宇宙は「世界」であって、物ではないから「作る」という言葉は使わない。

だから「物である宇宙を創る神は居ない」というのは正しいと言えます。


ここで重要な帰結ですが、宇宙は物ではなく「世界」なのです。

「私」と同じ論理的背景を持つ「世界」であるということです。

そして、その「世界」に神がいます。

神と物は論理がちがうので、同じ土俵には立ちません。

強いて「物」と「神」を関連付けて論じるなら、「物」を内包して「神」があります。


ウィトゲンシュタインみたいに言語分析してみました。












ピア・スピリチュアル/茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| スピリチュアル研究 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK