前世は何故覚えていないのか?

覚えていない、と言うよりも、思い出せないのですね。

パソコンでデータの整理をしていて、面倒なので、とりあえず一つのファイルに

適当に次々と画像やテキストなんかを移動することがありますよね。

それで、そのファイルはしばらく忘れられちゃって。。。

前世もフォルダの中のファイルのようなものです。

データとして残っていますが、使われないとそのまま。

何年も見ていないと、ファイルによってはビュワーがないと

みられなくなるものがありますよね。

関連付けがないと、そのファイルを読めません。

前世は、高次元からの関連付けがあるとリーディングできます。


それと、前世の記録は、脳の記憶の仕組みに似ています。

記憶は、それぞれの記憶が整理されて、意味が理解されると

きちんと記憶できて、思い出しやすくなるそうです。

丸暗記ですぐに忘れるのは、意味として整理できていないからですかね。

前世は、霊の世界のことですから、意味、が重視されています。

前世で体験したことの意味、ですね。現世に翻弄されて、

ただなんとなく人生を過ごして、魂にとって意味が無ければ

忘れてしまうのかも知れません。今の自分の人生がそうですね、来世があり、

今の自分を思い出すことがあるとしたら、おそらく思い出しません。

今の所、霊的に意味のある人間はやっていないので。

というか、思い出したくはないですね。来世の自分に残せる「徳」はなにもありません。

それは、再婚したら、前の生活のことを話したくないのと同じです。

転職したら、前の職場のことは話しませんよね。

生まれ変わったら、今の人生は忘れたいですね。


ろくな人間やっていないので。。。

現世の肉体人間としては、最低のランクですね。

世の中の役に立つことは何もやっていません。

  ↑ 言われる前に自ら宣言いたします、ハイっ!














ハンディキャップ霊能者・高橋久美子
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| スピリチュアル研究 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK