神の愛と現世の愛

神の愛をアガペといいますが、無償の愛と言われますね。

じゃぁ、有償の愛があるのか? ということで、現世愛ですね、

現世ならではの執着心のことです。

現世愛は、いつも自分を中心に物事を考えて、自分が得する世界を作ろうとします。

例えば、お見合いサイトで見かけますが、エリートで地位のある男性が

結婚相手の女性を探すとき、

「互いに理解し合い、高め合っていける女性を。。。」といいますが、

それは、エリートで偉い自分が愛するのに相応しい妻が欲しいという意味なのです。

精神的な愛を求めているのではなくて、立派な自分が愛を与えるのに見合った、

イイ女が欲しい、と言っているのです。それは現世愛そのものですよね。

同じようにペットを飼う場合も、「相性が合えばどの子でもいいわ」と言いますが、

本心では「散歩に連れて歩くときに見栄えがする犬が欲しい」と思っている人が居ますよ。

ご近所に見栄を張るために高い犬を飼います。

つまり「高くて自慢できる犬なら愛しても良い」という考えです。

結婚相手も犬を飼うのも、自分の見栄のため。。。

人間の場合の、見栄っ張り男の愛を受ける側の女性ですが

「自分はこんなに可愛くてお料理もできるし、誰からも好かれている、

イイ男をゲットして当然」というプライドがあり、かなり打算的なアピールをします。

ぶりっ子というヤツですが。男性は嘘でも可愛い女性なら許すらしいですが。

でも嘘は嘘ですよね、本当の愛ではありません。

このように現世愛は、愛に欲が付き、利害を生むことになります。

スピリチュアルカウンセリングをやっていますが、そんな人間が多いので驚きました。

せっかく、相手や物を大切にしたいという愛の気持ちがあるのに、

損得勘定をするため、自らの真心を貶めてしまいます。

現世は愛を維持するために、物質的な補償や支援を必要とします。


霊の世界は、物質ではないので、維持する、という必要がありません。

霊の世界は真の世界なので、打算も見栄もありません。魂と魂の、内なる交流です。

霊の世界では、愛は自然に湧き起こるものなのです。

魂と魂で結びつく、真を見つめましょう。

「愛を維持する」という言葉もありません。現世愛と神の愛を区別しましょう。

現世に住む以上、現世の影響を受けても当然のことですが、

今そこにある神の愛を、現世愛で曇らせては行けません。

貴方は神の愛を妨げてはいけません。

人間に生まれたなら、神の魂を持つなら、神の愛に気づき、

神の愛を伝える努力をしましょう。









スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| スピリチュアル研究 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK