車が燃える夢はストレスがたまっていて健康運低下かな

一つ目は目的地に向かうのに電車内にいます。

現地に到着すると二台クルマが止まっていて

何故か奥にあるのが私の車で手前にあるのが

会社内のトラブルメーカーのアラサーと彼女が尊敬している女性2人の車です。

と、突然そのアラサーの車が炎上し始めたのです。

全焼ではなく車体のラインあたりでの炎上で。

にもかかわらず目的地の海にいきます。海は荒れていました。

次の夢はリバーサイドマンションの上の階(7階位?)

にいますが突然その川に落雷がありみるみる川が氾濫し

大きな波がその階にまで入り込んできます。それを傍観しているという内容です。






電車に乗るのは、職場のことですね、

皆で協力してやらなければなんらない仕事を指しています。

燃えた車は焦げていましたか?黒くなっていたら凶です。

車は体や家を意味しているので、健康運が低下する警告かも。

でも乗っている人が同僚なので、職場があわただしくなるという意味ですね。

サービス残業が増えるとか、骨折り損の仕事が増えます。

海や川が荒れているのは、感情が高ぶっているので、

向きにならないようにというメッセージです。

その波が足元まで来る場合は、病気に注意です。

落雷も何か災難がありそうなので気を付けましょう。

音が無くて光だけなら、実害はありません。その光が自分を照らしていると吉です。

どっちにしても、余計なことは言わないように、当たらず障らず行きましょう。










ハンディキャップ霊能者・高橋久美子
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
| 夢判断 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK