ボランティアに対する誤解

先ず、ボランティアは、施し、ではありません。

施し、は相手の弱者を見下すことになります。

ボランティアは助け合いの精神で。真心の交流です。

前述の記事にも関連しますが、真心の交流が無ければ

ボランティアの意味はありません。

真心は、自分だけ得したいという意識があると通じ合えません。


元気な健常者にありがちなのは、お得、根性です。

ボランティアです!

と言うと、ただでやってもらえるの? お得な占いですか?

と言います。

はっきり言って、健常者にはボランティアはしませんよ!

元気な健常者なのに、ボランティアして貰いたい、なんてがめついですよ!

だからワンコインを休止しています。

こんなことは書きたくないですか、真心のわからない健常者が多いです。

がめつい健常者は嫌いです!

五体満足で働けるなら、お得根性は捨てること!

私は、障害者で普通の仕事が出来ないから、占い師をやっています。

占い師と言う仕事が最後にたどりついた道です。

五体満足な健常者には甘い顔はしませんよ!



あ、補足説明ですが、

その500円と言うのは、寄附なんです。

ボランティア団体のフリマで、私が500円鑑定をしていて、

その収益は全額寄付しているので、私の収入にはなりません。









| 霊能者のつぶやき | 10:44 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK