今の積み重ねが未来を拓く。前世には偏重しない

ツイッターで、ブッダは霊を信じていなかったとありますが、
本当なのですか?
ブッダの言葉に「対面同席五百生」がありますが、
これはブッダの言葉では無いのですか?
ブッダは前世も認めていないのでしょうか?



輪廻は、迷い、なのでそこから抜けるのが解脱で、ブッダの目標。
私の感じでは、ブッダは霊感が無かったので、神霊との共感が無くて、
諸々の霊現象を迷信とか幻覚と考えていたみたいです。
ブッダは、前世や霊界は在ったとしても、消すべき執着と考えていました。
しかし、神道は、輪廻は消す必要は無くて、
魂を成長させるために利用する道具なのです。
ブッダは、輪廻を二次元的にとらえていますが、実際は立体的なもので、
螺旋階段のようなものです。円を描きますが、少しずつ上昇します。
同じことを繰り返しているように見えますが、次元は上昇しています。
生前のブッダは、現代の左翼系僧侶のように、霊は無視していました。

> 「対面同席五百生」(たいめんどうせきごひゃくしょう)

については分かりませんね。。。
でも、類魂に帰ると、すべては一つですからね。みんな家族のはずです。
ブッダに霊感があり、神霊や精霊の存在を理解していれば、
無や解脱の教えはしないでしょう。精霊たちとともに自然法爾に生きていけば、
この現世を解脱する必要は無いですからね。
それと、一般人にたいする教えと、求道者にたいする教えはちがいます。
ブログで真心について書いたらクレームがつきましたが。
ブッダは、前世は迷いのたまものなので、今すぐ忘れて解脱しましょう、
と言っていたのです。私も前世は過ぎたことなので、気にしないで、
今、善行を積むべきと考えています。前世よりも、今と未来ですね。
前世は変えられませんが、未来は、今の積み重ねで、作り上げることができます。
過去世は、たくさんあり、どんな聖人偉人にも人に言えない部分があるはず。
だから人間に生まれるので、それは忘れて未来を信じたい、のですが、
もうそういう元気が無いですね。











真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
スピリチュアル夢判断
水戸心霊科学研究会
茨城県の占い師
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
茨城県 占い師
| スピリチュアル研究 | 01:31 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK