可愛くて楽しい、ぬいぐるみパワー!

大切にするものには、パワーが入ります。昔から人形には霊が宿ると言われていますが、

物を大切にすると、その人の想念が集中するので、愛念が蓄積されます。

大切にしていれば、変な霊は入りませんよ。人形に悪い霊が宿るというのは、

日本には昔から物を大切にする精神がありますが、その戒めのようなものです。

怖いと思えば、怖く感じるものですが、人形はなにも悪いことはしません。

逆に、人間が勝手な扱いをして、人形を穢れさせますよね。


付喪神というものがありますが、それも、日本人のモノを大切にするという

伝統的な精神の表れですが、それだけでは無くて、実際に霊を感じます。

生き物の身体だけでなく、物質は、霊気を吸収します。

大切にしていると、そのモノを大切に思う霊気が、

モノに吸着して、大切な思いに満たされます。

大切な思いというのは、愛念ですよね。 たとえば、母親の形見の指輪ですが、

いつも大切にして、綺麗に手入れをしていて、着けると故人が思い出されます。

それは、指輪に愛念が蓄積されて、霊気で満たされることで、

故人の霊と交流しやすくなったのです。

愛念を強くすると、それと同様の波動を持つ神霊を呼びます。

愛念に満たされたモノが、神霊の媒体になっているのです。 

ぬいぐるみなどの人形も同じです。

ぬいぐるみを大切にしていると、その愛念がぬいぐるみに蓄積されて受け皿となり、

やがて自然界の精霊が入ります。「宿った」と言われる状態になります。

先ず、大切に思うこと、ペットの犬や猫のように、可愛くて、

子供のように大切に、と意識します。









心霊写真・霊能者が撮った本物
真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
ひたちなか市 占い師
| スピリチュアル研究 | 08:22 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK