武士の神命とは

 「箱根神社は源頼朝が崇敬してますが、霊界でも箱根の武士団です。

その頼朝の四代前の義家(八幡太郎)の義光の子、義清が甲斐武田氏の先祖ですが、

その居宅がひたちなか市武田にあり、武田氏の発祥の地です。

側の神社にお参りしてから、精霊のどらちゃんに、

護法童子が宿り「叩き切ったる!」と勇ましくなりました。

箱根の霊界と縁がありそうです」

と、つぶやいたら、こんなメッセージがありました。



武士と言えば、源氏と平家の争いが有名であるが、

そもそも武士とは、何のために刀を取るのか?

それは、尊い者を守るためである。

現世の武士の場合は、それは、主君であり天皇。

つまり、時の権力者に仕えるのが武士の本分。

しかしそれは、現世の欲得の世界であるので、虚しい物である。

では、武士が本当に守らなければならないものは何であるのか?

真に尊いものはなんであるのか?

それは、真心である。

相手の真心に敬意を払い、自分の真心をさらに光らせる。

真心を守るのが武士である。

自分の真心も、相手の真心も、踏みにじることが無いように。

言動には、最大の思いやりの心を持つこと。

真の武士は、相手の真心の成長を促し、助け合う。

光り輝く魂、真心を守るものが武士である。





| スピリチュアル研究 | 01:21 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK