宗教に入っている家族の中でスピ系の自分が孤立しています

家族がそれぞれに宗教に入っていて、私は心霊研究を支持していますが、

家族たちと神仏について、共通の考え方もありますが、生き方や価値観が違い、

いつも対立し、私の考えを理解してくれません。

心霊は、魂の道です。魂に光を与えるのが私のヒーリングの目的ですが、

家族は共感しません。

でも、困った時は頼ってきて、私のヒーリングを受けます。

真理は聞こうとせずに、パワーだけ欲しいのです。

家族なのにとても寂しいです。






家族や親族の対応はとても難しいです。

私も今までにいろいろな事がありましたが、原則として、来るものは拒まず、

去る者は追わず、でやっています。それは他人も同じです。

人間は勝手な生き物です。自分が悪いとは思いません。

まして身内はなおさらで。家族に精神的に傷つけられることが多かったので、

今は疎遠にしていて、親族のカウンセリングは断っています。

ですから、納得できなかったり、気が進まないなら

相手が家族でもヒーリングしてあげる必要はありません。

家族でも、魂が共感できないなら、自らから進んで治してあげる必要は無いのです。

もっと冷静に対応しましょう。その家族が宗教団体に入っているなら、

その先生に行けばいいのです。

道が違う人に、無理に合わせると、魂が傷つきますよ。

私の母も新興宗教にずっと入っていて、私よりも教祖さんを信じていました。

今は教祖さんが亡くなったので、教団から離れているようですが、

今でも教祖さんを信じているので、あまり霊的な話は出来ません。

親子でも道が違うのです。

家族を含めて、周りの人間たちは、電車の窓から見る景色のようなものです。

次々と流れていきます。人間もその景色のように、来ては去り、来ては去り。

しかし家族は縁を切れないので、もう霊的には別れているのに、

また関わってしまい、同じトラブルを繰り返します。つまり腐れ縁の状態になります。

心の切り替えをして、自分の魂を光で満たすこと。

いつまでも凡夫のことでクヨクヨしないように。

求道家は、孤独になってからがスタートです。

凡夫の家族に足を引っ張られている暇はありません。

肉体の寿命は短いです。真っ直ぐ前を見て、自分の道を進みましょう!




真心スピリチュアル
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
ひたちなか市 占い師
茨城県の占い師
Google
| スピリチュアル相談 | 15:58 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK