★生きている意味と「愛」

実は最近まで、「愛」と言うものを認識したことは在りませんでした。
子供のころも、結婚してからも、毎日の生活が大変で、
「愛」というものを深く考えることがてきませんでした。
ここ10年ですが、カウンセリングを生業にして多くの人と接して居るうちに、
本当の愛を持って生きている人もいることを知りました。
それまでは、愛は、性愛の一種で依存症、と考えていました。
愛には、親子愛、男女愛、夫婦愛、師弟愛など、いろいろな形態がありますが、
より普遍的な愛の基本というのは、相手の心を思いやることだと思います。
相手の心が、元気になるようなアプローチをすること。
それは、相手に希望を与える事です。
男女の愛にしても、親子愛にしても、相手の心に元気を与えることが愛の意味でしょう。
私の親はいつも「お前はどうせ何も出来ない」と言いました。
愛のある親なら「また頑張ろう、今度は上手く行くよ」と励ますでしょう。

親子愛や男女愛のような、現象的な人間関係に関わらず、愛の基本は誰でも出来ます。
笑顔と励ましの言葉。私は、施設に居たことがありますが、
重度の障害者で自分の名前も言えない人が居て、その人は笑顔だけはできましたが、
その笑顔にとても励まされました。
その障害者は、周囲の人間に対して愛を持っていて、
自分が出来る精いっぱいの行為である笑顔を発していたんです。
その人に会ってから、私も心がけていますが、欲の強い人や、
尊大な人にたいしては難しいですね。その方の魂は光で満ちていて、
いつも光を発していたのですが、肝心の家族はそれを感じていませんでした。
「どうしてうちの子はこうなった、出来そこない」と思っていました。
本人は頑張って笑顔でいるのに。私の家族も、私を「半端者め!」と決めつけているので、私の本当の気持ちを理解しません。
身近な家族が、自分の本当の気持ちをわかってくれないのは、とても悲しいことです。
いつも努力して、家族のために頑張っていても、無視されています。

障害者や弱者は、その状態で精いっぱいのことが多いのです。
常者には簡単な事でも、障害者には無理おおして行っている。
例えば、ベットで体を起こすことですが、お見舞いに来るお客さんのために、
起きてご挨拶をするのは常識ですが、障害者には無理な場合があります。
愛の無い健常者は「失礼な」と感じます。
「ベットで寝て暮らしているのだから、楽だろう、ちゃんとやれよ」と思うようです。

私は一時、トイレにも一人で行けない状態になりました。
その時はもっと悪くなると覚悟したので
「このまま悪化して何も出来なくなったらどうしよう。せめてできる事は何だろう」
とずっと考えました。
それは、前述のように、笑顔だと思いました。
顔の神経がマヒして動かなくならない限りは、最後までできます。
家族のために笑顔を絶やさないようにしよう、と思いました。
でも、ダメでした、夫が「お前、馬鹿じゃないか、へらへらするな」と言いました。
「痛いというよりは、笑顔でいた方が良いでしょ」というと、
不思議そうな顔をしていました。何もわからない人間なのです。
私は夫は嫌いでしたが、一緒に住んでいる以上は平穏に暮らしたいと考えていました。
家族は笑顔でいれば、夫も元気になれるはずですから。
それが私のせめてもの愛ですが。。。

それから20年以上経て、一時良くなりましたが、最近はまた歩けなくなっています。
もっと悪くなって、何も出来なくなったら、最後は残るのは、笑顔のお返しですね。
それは、最終的な生きる意味です。人に元気を与える事、生きる意味。
意識不明にならない限り、何とか笑顔はお返しできるでしょう。
現段階でも、何も出来ない人間で、家族からは「役立たず」と言われていますが、
笑顔の行は忘れたくないです。でも、何度も言いますが、
理解してもらえないのは悲しいです。

| 茨城の母 自伝 | 02:43 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK