研究家や霊能者によって神の性別が違うのは何故?

『天照は、記紀神話では女神ですが、
 そうではなく男神だという人が居ます。
 観音様も、男神だという人もいれば、女性だ、
 はたまた中性だ、という人が居ます。
 神霊の見え方の違いは何故なのでしょう?』

『私は、タジカラオや戸隠の神は女神様を感じていますが、
 間違っていますか?』





神様の性別やお姿はもその人の立ち位置で違います。
同じ富士山でも、北側と南側の印象が違うように、
同じ神様でもその人間の役割や魂の環境によって、
見え方が違うようです。
天照も、男神という人もいるし、
キリスト教のマリアでもあるという人も居ます。
人間の魂は完成されていないので、
限られた魂で高次を受け取るので、
その一部しか見えません。
だから霊能者がそれぞれの立場でビジョンしますが、
私はみんなその時点では正しいと思います。

タジカラオは、心霊科学協会では男神でした。
戸隠の神様も男神です。
でも、その背後には母神があるので、
母神からの引きが強い人には女神に見えます。
イワナガ姫ですね。知り合いに、
イシコリトメの神の代の霊能者が居ましたが、
その人は男性だった所為か、
姫神なのに男神に見えました。
姫神の男性的な要素を強調していたのでしょう。
天照も、場合によっては武装して現れますが、
それを見ると男神に見えます。







スピリチュアルブログ
水戸スピリチュアル 茨城の母
スピリチュアル夢判断
茨城県の占い師
水戸スピリチュアル
| スピリチュアル研究 | 16:33 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK