断捨離(だんしゃり)雑感。。。

 しばらく会っていない知り合いに「貴方も断捨離しなさい!」と言われました。
ちょっと前にはやった言葉ですが、なんか違う感がありますね。
知人は「下駄箱を整理して」と言うので
私が「二足しかないので捨てることは出来ません」というと
「物置を整理しましょう」と言います。私が「物置には私のものは在りません」
今度は「服を整理すると良い」と畳み込むようにいうので
「夏物と冬物と下着が段ボールに二個ありますが、捨てると洗い替えが無くなるんですよ」
知人は食い下がり「対人関係を整理すると良い」と言います。
私は「仕事上の交流は在りますが、友達は居ません。家族も夫だけです」
私は人生を半分以上過ぎて、執着は無いので、その日その日を生活出来れば良いのです。
でも、日本人の大半の人はそうだと思います。あまり多くを望まず、平凡な暮らし。
そういう一般庶民には「捨てなさい、捨てなさい」というより、
励ましの言葉が必要だと思います。
断捨離はケースバイケースです。対象外も在ります。
特に家族の介護をしている人や慢性病を持っている人に対して「捨てなさい!」
というと喧嘩になりますよ。
知人に「捨てなさい、捨てなさい」と言われて、
「人生を捨てなさい」と言われているように感じました。
だってこれ以上捨てるものが無いからです。家族のために身を削って生きている人や、
病気で苦しんでいる人には「捨てなさい」ではなく、
「貴方の道が開く様に祈っています」と励まして欲しいです。

どうしても捨てるなら、引っ越しが一番です。私は今までに何度も引っ越していて
その度に物を捨て、友達を捨て、家族を捨てて。。。
家ごと全部捨てるとスッキリ。
つぎに捨てるのは自分の命だけです。

断捨離が出来るのは、まだエネルギーがあるからだと思います。
精神的経済的肉体的に疲弊している人に「捨てなさい」と言うのはやめましょう。




| 霊能者のつぶやき | 16:47 | - | trackbacks(0) | - |
 
 
 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK