保見容疑者とその集落

 初め、ニュースを聞いたとき、5人も殺害して放火したというので、

どんな凶悪犯? と思いましたが、その後の報道で、

それに至る経緯がいろいろとあったそうですね。

保見容疑者は彼なりに集落のためにと思い、草刈り機を購入したのですが、

それに火をつけられたり、亡くなった被害者の一人に胸を刺されています。

そんなことが続けば「集落は敵!」と考えても仕方ないでしょう。

だから家の周りに変なオブジェを置いたり、放火を匂わせる張り紙をしたのでしょう。

自分を守るためだったんですね。


ところで、この集落から感じたことは、ここの人たちは

「幸福の眠り」組の方々です。集落が保見容疑者の意見を聞かなかったのは、

容疑者が少し変わっている性格というのもありますが、

ここの人たちは、現状維持の暮らしで満足していたのでしょう。

「現状維持」「可もなく不可もなく、人に迷惑を掛けずに生きる」

という現世根性ですかね。

現世で生きていく分にはそれで十分ですが、それでは生きている意味がないです。

保見容疑者を肯定しているのではありませんが、

この集落の皆さんの在り方も肯定できませんね。。。


魂と魂のふれあいの場、それがこの現世の意味です。

世の中の大多数の人間は、この集落の皆さんのような生き方をしていますよね。

霊的な見地からは良いことではありませんね。魂の成長が止まっています。

でも、そういうお年寄りって、お仏壇や神棚のお世話はまめにやっています。

この記事をみると反発するでしはょうね。。。

しかし、神仏が要求しているのは魂の成長なのです。

「現状維持」「可もなく不可もなく、人に迷惑を掛けずに生きる」

ではないのです。















光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
スピリチュアルカウンセラー茨城の母
水戸心霊科学研究会
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:11 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
 
 

病気は治さないほうがよいことがある

 ずっと足の魚の目で苦しんでいたことがあります。

切ってとってもまた同じところが魚の目になります。

「治してもらえませんか?」ときくと

「足の大怪我をして歩けなくなるところを、

魚の目で済んでいるのだから我慢しなさい」と言われたことがあります。

人間は消さなければならない業を持って生まれてきますが、

一度に出してしまうと生きていられなくなるほどの大事になる場合は、

その業をちょっとした軽い病気にして、少しずつ解かしていきます。

ですから「この方の病気は治せないでしょうか?」とお伺いすると

「まだ治さないほうが良い」といわれることがあります。

守護霊は、その人間にとって一番良い道を、高所から判断しています。










光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 12:45 | - | trackbacks(0) | - |
 
 

神はエネルギーと波動の存在、体は無い

 人間の姿をしていたり、龍や天狗、狐や妖精など、

神霊は様様な姿をしていますが、

それは、代をしている精霊の体を見ているのです。

神は、生命ではありますが、高次元の存在で、

無数の側面を持ち活動しています。

その無数の側面は、自然現象となって現れる事が多いですが、

人間の類魂の中に入り込み、龍や稲荷の精霊の体を使います。

それらの精霊たちは物質に近い者なので、その体を借りるわけです。

人間も、霊媒や巫女がありますね。それを、代、台と言います。


神は、無限の次元に存在しているので、

人間の肉眼や意識でとらえることは不可能です。

二次元の地面に住んでいる人間が、

三次元に居る私たちの全景を見られないと同じです。

神が姿を見せないのは、私たちが低次元の世界に住んでいるからです。







光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 22:56 | - | - | - |
 
 

ビジョンできる事の意味

霊視を「ビジョン」とも言います。 

霊界は、人の内なる世界ですから、

それをビジョンするということは 対象の内的世界に

深く立ち入ることを意味します。 

神をビジョンするということは、その神により近づくことで 

言わば、その神と家族になるような状態です。 

家族は、現世では一応、絆があり助け合う仲間ですが、 

神がビジョンできるという意味も、現世の家族と同様なのです。 


肉眼は、目を開けると、なんとなく目の前の光景が入り、 

それを無為に眺め続けることができますが、

ビジョンの場合は、 その対象に対する統一が必要です。

肉眼のように漠然と見ることはできません。 

ビジョンは魂のレベルでの同調です。 

つまり、霊視は、相手の魂とのつながりが無ければ成立しません。 

霊の世界は、心の世界であり、宇宙の内面です。 

相手を思いやる心が必要です。 神霊はいつも人間に傍にいます。 

ですから常にビジョンの機会があります。 

神に対する思いやりと、家族意識があると観ずることができます。

イエスさまやお釈迦様、日本の神様も、

みんな家族として共感できれば、ビジョンできるようになります。 













| 光の錬金術・魂のメッセージ | 22:54 | - | - | - |
 
 

無知の知

「無知の知」とはどんな意味ですか?

ソクラテスに聞いてみたら、このような回答がありました。


無知の知は、「得る」こと。

「得る」ことは、体得することであり、

体得とは、即ち「喜び」である。

対象を体得するということは、魂で覚えることであるから、

それこそ人の喜びとなるのである。

つまり、物事の背後にある真理を感じなさい。

魂のレベルで感得すと。

そうすれば、自然法爾に行動できる。

「無知の知」は、あれこれ悩まず、霊性にしたがって行動せよ、

という教えなのである。





光の錬金術師・スピリチュアルブログ 





| 光の錬金術・魂のメッセージ | 14:51 | - | - | - |
 
 

滅亡とか末法とかは宗教の営業でしょ

 「こころの時間」というNHKの番組を見ていましたが、

ゲストの先生が、「この世は末法である」とおっしゃる。

3.11のような大災害が世界で続き、無差別テロも後を絶たず、

これは末法の世だというけど、確かにそうだけど、

だから何? って感じかな。。。。

だいたい、人類の歴史そのものが末法の歴史ですよね。

末法状態で生きていかなければならないのが人間。

末法、末法、って不安をあおるのはやめてほしい。

必要なことは、人の不安を煽るのではなく、

テロや災害に強い社会になるにはどうしたらよいか? ですよね。

それは宗教ではなくて、政治!

末法の世に強い社会を作るのは政治です。

日本も世界も、社会の転換期に来ているのははっきりしている。

アベノミクスがどうなるか見守っていこう。


滅亡とか末法とか終末とか言われても神様には関係なし。

戦争やテロ、無差別殺人は社会の問題であって

社会を変えるのは政治、その政治を変えるのは私たちの民族意識と愛国心です。









光の錬金術師・スピリチュアルブログ 





| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:51 | - | - | - |
 
 

魂に貴賎は無い!

 人間は、神の子として平等である、といいますが、

それはスピリチュアルの立場から平等、という意味です。

現世的成功者を見て「あいつらだけ良い思いしてる、神様は不公平」

と言う人が居ますが、それは見当違い。

物質現象は、過去世のカルマの表れです。

金持ちになったり、ノーベル賞もらったり、有名になったり、

という現象は、その人の過去の行為の現れで、消えていく姿です。

金持ちになったり、ノーベル賞もらったり、有名になったり、しても、

現世で現れてしまうと、それで消えてしまいます。

霊界に行ったら、ただの人というわけ。

現世でも、定年退職するとただのオヤジでしょ。

どんなに偉い役職にいても、その仕事をリタイヤするとただのお年寄り。

物質現象に惑わされないで、魂の光を見ましょう。


男性に多いですが、現役時代はエリートで出世して、部下を扱使う人生を送り、

退職してからもその調子で、周囲の人間に威張り散らす頑固オヤジがいますが、

その人は確かにりっぱな職業人で社会のために働いていたかも知れませんが、

魂の光がありません。人は魂を磨くために現世にいます。

老年になって、この調子では生きてきた意味はありませんね。


魂に貴賎はありません、

相手が、目下だから、身分が下だから、学歴が無いから、といって

絶対にバカにしては行けません。

上から目線になっている、自分の魂の方が低い状態になっています。


魂を光らせる方法は、相手と共感しあうこと!

それしかありません。

(同情や依存ではなく、内なる光の交流です)

相手の存在を認めて、相手の魂と交流しあう。

そうすれば互いに互いの魂を光らせることが出来ます。

その相手が神様なら、good ですね。。。









光の錬金術師・スピリチュアルブログ 









| 光の錬金術・魂のメッセージ | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 
 

3,11 破壊されたのが自分の故郷と思えば実感できる

 2011-04-17 の記事です】

東日本大震災から一か月以上たって、

まるで夢の出来事のような一か月でした。

3月11日の震災発生から三週間あまりの被災生活も夢のようでした。

他人事のようで、実感が無かったのですが、

先日、湊丸の実家のある、那珂湊漁港を見てきました。

津波の被害はまだ修復されていなくて、港のあちこちに

陥没や亀裂がり、津波で上げられた車もありました。

でも、やっぱり映画を見ているようでした。

その時、港丸がポツリといいました。

「ここでお父さんと良く釣りをしたんだよ。

 毎日、柴犬のタロと散歩したのに、こんなになっちゃった」

大きく陥没した湾岸を見てそういいました。

そう、この街は私の故郷ではない、だから実感が無かったのかもしれない。

この港町が自分の生まれ故郷で、沢山の思い出があったら、

この無残な光景を見てもっとショックだったかもしれない。

湊丸の気持ちを思い、私もこの震災を実感できました。

やはり、故郷が破壊されると悲しい…



被災地以外の皆さんも、あの被災地が自分の故郷だったら、

あの被災地が自分の親や親類の住んでいる街だったら。

そう思えば、この震災の悲惨さが実感できるでしょう。


↓ 湊丸が子供のころに遊んでいた那珂湊漁港。
  ワンコの散歩コースが陥没してしまいました。

那珂湊3.11






光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断



| 光の錬金術・魂のメッセージ | 11:10 | - | - | - |
 
 

善と悪とは

 人が善と感じるものも悪と感じるものも宇宙の一部を見ているだけのこと。

悪として現れるものも、その先はどうなるのかわからない。

今は悪でも善に変わっていくかもしれない。

たいていは未熟な間は悪に陥りやすい。

要するにグローバルに宇宙を見渡さないとわからない。

善も悪も神に含まれていて、宇宙の成長の過程で表出されるだけのこと。

人も改心して真人間になる。悪魔といわれる霊も浄化すると神の眷属になる。

鬼子母神がその典型。だから、悪だからもうだめって、決め付けないの。

霊は成長し続けるものだし、善となって現れるものも、また変化していく。

釈迦はそれを、流転といい拒否したの。でも私の立場はそれが自然の姿だから、

それに、流転するそれぞれの人生は自我の乗り物に過ぎないのだから、

解脱して乗り捨ててしまうより、せっかく乗車が許されているのだから、

上手く運転して、もっと遠くに出かけたいと思う。だから心霊科学をしている。

解脱は、この宇宙を業生と言って差別し、放棄すること。人間が勝手に

そんなこと出来るはずは無いです。釈迦も霊界では一人霊に過ぎません。






光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 00:43 | - | - | - |
 
 

霊界の構造

 JUGEMテーマ:心霊科学と類魂研究


霊界は、この世界とは別に存在するものではありません。

今、ここにあります。

いつも私たちが見て、触れるこの世界と重なり合っています。

すぐ其処に霊もいます。

ですから、構造といっても、形があるわけではありません。

霊界は、現象のこの世界からみると過去の世界に近いといえま

す。というのは過去に生きた霊たちが居る世界だからです

(未来にこの世に現れる霊たちもいます)

現象の世界は、常に現在しかありません。霊の世界は出来事としてあります。


過去と未来は物理的には存在しませんよね。

霊の世界は出来事の世界です。

そして、私たちの内面でもあります。

霊の世界=私たちの内面であるなら、

私たちの内面(自我)の構造を知ることが出来ると、

霊の世界の構造も推測することが出来るかも知れません。

私たちの内面が処理する出来事の構造は、

入れ子構造となっています。

心の中では過去は現在に内包され、

現在の自我は未来の自我に内包されています。

霊信によると、霊界の構造もその様になっているらしいです。

そして、守護霊に私たちが内包されています。

それが、次元なの違いです。

守護霊が私たちの人生の全てを包み込んでいるわけです。

だから、私たちにとって守護霊は高次の存在です。

同様に、大神はこの世界を包み込んでいます。

世界にとって、大神は高次の愛、無限の光と言えます。









光の錬金術師・スピリチュアルブログ
スピリチュアルカウンセラー 茨城の母
霊能者のつぶやきブログ
スピリチュアル夢判断
| 光の錬金術・魂のメッセージ | 16:50 | - | - | - |